フリーランスと個人事業主は何が違うの?

フリーランスと個人事業主って違いはあるの?

サラリーマンは企業や団体に属して毎月決まった給料を支給してもらいますが、フリーランスや個人事業主はどこの企業や団体にも属さずに仕事をして報酬を得ます。サラリーマンとフリーランス・個人事業主の違いはわかりやすいですが、フリーランスと個人事業主ではどのような点に違いがあるのかはわからない人もいるでしょう。

個人事業主は法人設立がない

基本的にやることは、ほとんど同じです。企業や団体に属さず、クライアントから仕事をもらい業務を行います。そして所得税や住民税についての手続きは自分でやならなければいけません。ただ、厳密に言えばそういう働き方はすべてフリーランスとして、ひとくくりにされます。ならば、個人事業主とは何かというと、法人を設立せずに税務署に開業届を出して個人での事業を行う人のことです。税法上の区別であり、フリーランスの一部が個人事業主にもなると理解すればよいでしょう。

個人事業主のメリット

開業届を出さなくても事業ができるのに、なぜそのような手間を掛けるのかというと、個人事業主になれば多くのメリットを受けられるからです。まず、確定申告をするときに青色申告ができるようになります。開業届を出さないときには白色申告になりますが、青色申告は白色申告に比べて控除額が多く課税の対象となる所得が少なくなるので、税負担が軽くなります。法改正により帳簿の付け方は白色申告でも青色申告でも同じように、帳簿の記帳・保存の義務化となりましたから、控除額が少ない白色申告をわざわざ選ぶメリットは少なくなっています。
また個人事業主となれば、銀行に口座を開設するときに個人名義ではなく屋号名で持てるようになります。そうすれば仕事とプライベートの区別ができて経費の計算が楽になりますし、クライアントからの信頼も高まります。

小規模企業共済に加入できる

将来に対する不安も軽減できます。というのも積み立てていく退職金制度である小規模企業共済に加入できるようになるからです。会社に属していないことは自由に働ける一方で、いざというときの備えがないので将来に不安を感じやすいです。そこで小規模企業共済で退職金が貰えるようになれば、老後の生活が安定しやすくなります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。