転職する時に気をつけたい円満退職をする方法

円満退職をするために転職の引継ぎ期間はどれくらいが良いのか?

転職の引継ぎ期間はどれくらいが良いの?

src=”https://life.panaceanet.com/wp-content/uploads/2020/05/314484_s.jpg” 転職の引継ぎ期間はどれくらいが良いの?転職活動をするとき、もし内定が出た場合できるだけ早く出社しないと内定取り消しになるのではないかという不安が出てしまいますよね。
しかし、あまりにも短すぎる期間で自分の担当している仕事の引継ぎができるでしょうか?
円満退職は転職先に内定が決まった後の最終課題でもあります。採用側もきちんと引継ぎをしてから転職を済ませる責任感のある方の方が好印象になります。ただ、あまりにも引継ぎ期間が長すぎてしまうと採用のタイミングを逃してしまうかもしれません。
内定が出てから退職届を出すのであれば転職引継ぎ期間は2~3か月くらいがベストだと思います。元の会社の人とも今後何かの縁があるかもしれませんのでできれば円満退職できるのが望ましいでしょう。

退職の意思を伝えるタイミング

src=”https://life.panaceanet.com/wp-content/uploads/2020/05/3237252_s-300×200.jpg” 退職の意思を伝えるタイミング上司に退職の意思を伝えるときは、落ち着いて話せるときにしましょう。
円満に退職をするのであれば余裕をもって業務の引継ぎをし、できるだけ支障がでないように配慮しましょう。
会社で1番最初に相談するのは上司ですがその前に家族の理解を得るのが先決です。
もし、奥さんが妊娠中や出産後であれば精神的にも不安定なため転職のタイミングとしては難しいと思います。家族の理解を得てから本格的な転職活動を開始しましょう。

退職までにやるべきこと

src=”https://life.panaceanet.com/wp-content/uploads/2020/05/3250085_s-300×200.jpg” 退職までにやるべきこと退職するまでは同僚など周りの人には口に出さないようにしましょう。周りに情報が広まってから上司に意思を伝えるのは上司にとってもあまり気分の良いものではないからです。上司に退職の意思を伝えたら退職までの事務手続きや仕事の引継ぎなども含めて最短の日程を決めましょう。転職先の入社日をずらさないようにスケジュールをたてるのが肝心です。しっかりと仕事の引継ぎをして同僚や上司にできるかぎり負担をかけないようにしましょう。引き継ぎをきちんと済ませるのと無責任に放棄してしまうのとではその人の評価に雲泥の差が出ます。退職日ギリギリになららいように引継ぎは余裕をもって計画を計画し、資料もまとめましょう。今の会社を円満退職するためには最後まで社員であるという自覚をもって終わらせましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。