【転職の面接】質問対策はできていますか?

面接の質問対策

転職で初めての一次面接で面接官から意地悪な質問をされあたふたしてしまった事はないでしょうか?企業情報や志望動機をまとめしっかり準備したつもりで挑んだのに。。。ということもあるでしょう。頭の中でイメージトレーニングするだけではなく実際に声に出して練習してみるのがおすすめです。

面接は第1印象が大切

面接で1番大切なのは第1印象です。清潔感のある髪形や服装はもちろんですが、どんなに良い内容を話していてもボソボソと自信なさそうに話していると面接官に伝わりません。発声練習もしておくとベストです。面接では応募者に対して色々な質問がされますがそれなりに練習をしてから面接に挑むのがよいでしょう。
完璧ではないにしろ、ある程度質問を想定して答えを考えておくことが面接を成功させるために必要です。大体の企業は、最初の場面で志望理由について尋ねます。志望動機を聞きながら、会社についてどういう見解をもっているかも質問してきます。どのような人材を求めて募集をかけているのかを把握しながら、対策を練っておくと良いでしょう。対策をきっちり立てて、聞かれた時にはどう答えるかを決めておくことが、面接に行く時には大切になります。

自己PRしたい内容をしっかりまとめておく

同様に面接試験で行われる定番のものとして自己PRもあります。面接対策では、自分の長所やアピールしたいことを簡潔に話せるように情報をまとめておくことが大切です。どのような自己PRができるかをよく検討した上で、企業が求める人材であることを主張できるようにしておきます。すぐに第一線で活躍をしてくれる人を求めているような会社には、自分が何ができるかをストレートに伝えることが有効です。どれだけ自分が使える人材であるかをアピールできるかどうかが、自己PRの鍵を握ります。面接に向けて対策を練っておく必要がありますが、その時に自己PRの方向性についてははっきりさせておきましょう。

色々な質問に対する準備をしておく

面接を通過できるかのキーポイントは自己分析力です。
自分の長所と短所、何ができるのか、これから何をしたいのかを踏まえたうえで、志望動機を作成すれば辻褄のあった内容になります。
このあたりの軸が曖昧なままだと色々な質問をされたときに支離滅裂な答えになってしまいます。

必ず聞かれるのは志望動機・転職軸

面接では色々な質問をされることになりますので、対策を立てて質問に答えられるように準備をしておきましょう。
何の準備もしないで面接を受けにいくと、何か聞かれても答えることができず言葉に詰まってしまうことがあります。
面接で聞かれる質問はいくつかありますが必ずといって聞かれるのは志望動機についてです。
なぜその企業を志望したのか?という根拠が必ず必要になりますので企業情報をよく調べてから応募をしましょう。

自己分析をしっかりしておく

面接対策ではどういった人物像の人を企業が望んでいるのかを考えておく必要があります。
自分の長所と短所は面接でよく聞かれる質問でもありますので対策はしっかりと準備しておく必要があります。自己PRの方向性を決めておくことも、面接対策では大切なことですが自分にはどのような長所があり、どのような短所があるか。
採用された時にどのようなふうに役に立てるのかを話せるように、対策をしておきましょう。
あらかじめ自己分析をしっかり行い、自分の中にある良い面をピックアップしておきましょう。
また、自分の短所を客観的に把握することも大事です、自分にはどういう短所があり、失敗したときにどうやって対処してきたか、多くの企業は主体性のある人材を望んでいます。
今まで経験した仕事の内容や、実績、能力をしっかりと伝えられるようにしておくことがキーポイントとなります。

具体的に何をすればいいの?

面接に行く前に、十分な対策を立てることができるようにしましょう。
面接の対策が大事なのは分かった。でも具体的に何をすれば良いでしょうか? まずは、面接で聞かれそうなことをピックアップしてください。

  • ・自己紹介(自分の経歴、仕事内容、実績など)
  • ・転職理由は何ですか?
  • ・志望動機は何ですか?
  • ・あなたは現在どういうポジションでどういう仕事を担当していますか?
  • ・具体的にどういう仕事に携わりたいですか?
  • ・あなたはこの会社に入って何が得られますか、またどういう事に貢献できますか?
  • ・数年後のキャリアプラン
  • ・自分の長所と短所
  • ・仕事において大切にしていることは何ですか?
  • ・趣味は何ですか?
  • ・学生時代に頑張ったこと
  • ・何か質問はありますか?

質問に詰まらないようにする事が大切

よくある質問をリストアップしましたが、あらかじめイメージしていない質問をいきなりされると、どのような返答の仕方が良いのか分からなくなってしまいます。 文章に書きだしてから声に出して練習をしておきましょう。 聞かれたその場で答えをつくろうとしても、答えに詰まってしまいますし、説得力のない話になってしまってうまく話が進められません。 イレギュラーな質問もありますが上記のような定番の質問がきても動じずに返答ができるようにしておくことが、面接対策では最低限大切なことといえます。
こちらから質問をする必要があった時に、何を聞くかを決めておくことも面接対策としては大切です。 質問に対して何もありません、や企業情報を調べればすぐに分かるような質問はNGです。 質問はないかと問われて、何もないと答えてしまうとせっかくの自己PRの機会を失ってしまうことになりますし、企業情報を何も調べていない、質問も浮かんでこないほど興味がないと判断されたりもします。 面接の流れを受けて質問を決めたほうがいい時もありますが、質問候補をあらかじめ考えておくと返答に詰まってしまうこともありません。

転職の理由は本音で話すべき?

転職の理由って前向きなことより本音は何か不満があっての方が多いですよね。
でも面接でその本音を話しても良いのでしょうか?答えはNoです。キャリアカウンセリングに相談する場合は本当の転職理由を話して良いですが
人間関係は採用担当者も1番シビアに考えているのでネガティブな理由はポジティブな理由に変換しましょう。

転職理由上位は上司や先輩との人間関係

何が転職を目指す動機になったのか、採用面接時に尋ねてくる企業は多いようです。転職の動機についてのアンケートでは一番上位となるのは人間関係という調査結果があります。人間関係というと職場の上司や先輩、同僚に対して不満があるということですが、退職の動機として本音で話してしまうと支障があります。前職を辞めた理由は嫌な上司や同僚がいたからですというのは正直な理由かもしれませんがあなたが面接官の立場だったとしたらその人を採用したいと思うでしょうか、また人間関係が原因で辞めてしまうのではないかと心配になってしまいますので面接では言わないほうが良いです。面接では自分をどうアピールできるかが重要であり、悪印象は与えるべきではありません。社会人となり就職をした後に転職ということは誰にでもあることでしょう。

人間関係を転職理由にするのはNG

転職をして、現在の仕事から解放されたいと思ったり、新しい仕事場で働きたいと思うこともあるものです。転職したいと思っても、すぐに会社を辞めるという行動に移す人は少ないと思いますが、安易な行動は避けるべきです。会社が変われば、よほどのスキルがない限り、給与が上がるということはないでしょうから、下がることを前提に考えなければなりません。目先のことだけ考え退職し行き当たりばったりに次の仕事につくような転職のしかたをすると、納得のいかないワークスタイルをすることにもなるでしょう。人間関係が本当の動機だとしても、転職活動をする時に面接官に話すことになった場合は、もっとポジティブな転職の動機を話せるようにします。ネガティブな退職理由だったとしても、ポジティブな理由で転職を選んだことを面接時には志望動機として伝えることが大切です。

面接で大事なのは会話のキャッチボール

面接で採用担当に自分のことをアピールしたいという気持ちが強すぎてついつい独りよがりになってしまうことってありますよね。
短い時間で自分のことをたくさん知ってもらうことも大切ですが、採用担当者はこの人と仕事がしたいか、会話のキャッチボールができるかということを重視しています。

自己PRはバランス良く長くなりすぎないように

面接を通り抜けしない限りは、転職活動は実現しないといっても言い過ぎではありません。近いうちに面接に行かなければいけないけれど話すことも、済ませておくべきこともわからないという人は意外と多いようです。面接の場で重要なことは、その場にいる人に、もっと一緒に話したい人だと思わせることです。面接で採用担当者と会話を成り立たたせたいなら以下のふたつを成し遂げるするように心がけましょう。面接を受ける時には相手から言われたことに対して絶えず反応をすることです。誰もが試行錯誤した自分のいい面や長所、PRポイントを話したくなりますが一方的に長すぎる話をするのはマイナスポイントです。

結論を最初に話は簡潔にまとめる

しかし先走らなくても、面接官に興味があると思ってもらえれば、自然に引き出してもらえます。まずは、採用担当者がもっと話したいと思ってくれる自分になることを目指して、聞かれたことに答えるようにすることです。採用面接のポイントでは、話が長くなりすぎないこと、簡潔でわかりやすい話し言葉で自分の考えを伝えることです。面接で何か聞かれたら、論理的に答えるようにすれば、論理的な考え方ができる人物だというイメージを与えます。結論は最初に一つの話を端的に、情報を小出しにする方法をすることによって、相手の理解度を深めることができます。面接の担当者からすれば、その話自体は重要ではなかったとしても、問い返しで会話がかみ合う人とならば、仕事をするうえでも支障がないと思うでしょう。簡単な方法ですが、少し気をつけることで、わりと面接官が抱くイメージも良くなるので、実践してみてください。会話のキャッチボールが大切です。

まとめ

面接と言うのは、就職や転職活動において、運命の分かれ道となる程のとても重要なポイントです。
面接に行く時にはしっかりと対策をして、どのような状況にでも対応できるようにすることが、非常に重要です。面接に行く前に、十分な対策を立てることができるようにしましょう。
面接では、どのようなことを尋ねられるかをイメージし、それに対する答えを準備することが、面接対策では欠かせません。しっかりと準備せず面接に挑むと思いがけない質問をされてしまったときに答えることができなくなることがあります。 無理に返答しようとして、突拍子も無い答え方をしてしまうとマイナスポイントになってしまいます。

転職理由は何なのか、この会社の志望動機は何なのか、自分の長所と短所は何なのかなど、事前にシミュレーションをして、面接の時にはスムーズに答えられるようにしておくことが大切です。 また、これも必ずと言っていいほど聞かれることが「なにか質問はありますか?」という質問です。 「何もありません」はあまり興味がありませんという印象をあたえてしまうので2,3個の質問は用意しておきましょう。質問してはNGな内容は企業情報を見ればすぐに分かるような内容をしてしまうことです。 質問をする場合は企業情報を調べたうえで、それでも分からない情報を質問するようにしましょう。 こちらから質問をする必要があった場合に何を聞くかを決めておくことも、面接対策としては大切です。 面接に行く前に、十分な対策を立てることができるようにしましょう。
どのような企業でも、面接は採用を決定するうえでとても大切なものです。 面接に行く時にはしっかりと対策をして、どのような状況にでも対応できるようにすることが、非常に重要です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。