自分にあった転職サイトの選び方

転職サイトはどこがいいの?

ハローワークより求人サイトがおすすめな理由

自分にあった転職サイトの選び方

求人サイトはどこを選べば良いの?

専門職に特化した求人サイトを選ぶ

自身に専門的なスキルがない場合は、総合的な大手求人サイトの方が選べる条件や職種の範囲が広くなりますのでより自分の適正に近い仕事が見つかる可能性が高くなります。自身が専門職のスペシャリストを目指しているのであれば専門職に特化したサイト、専門職だけではなく総合的な仕事に関わりたい人は総合サイトを利用するのが最適です。どこの転職サイトが1番いいということもなく、自分に合った転職サイトやエージェントを見つけることが肝心になります。専門職に特化した求人でも自身の年齢や企業の業務内容によっては求められるスキルや範囲も変わってきます。同じ専門職でもさらに得意分野が分かれるので複数の求人サイトを併用することをおすすめします。

年齢別に求人サイトを選ぶ

20代・30代・40代で大きく変わる転職活動 30代や40だいを超えてくると転職できるか不安になりますよね。
転職をするなら30歳がギリギリと言われていたこともありましたが現在では終身雇用制や年功序列の会社が減ってきており、30代や40代でも転職をする人が多くいます。 ではどうすれば30代や40代でも転職を実現させることができるかということですがポイントは 自己PRの書き方をどうかえるかで転職活動がうまくいくかを左右します。求人サイトによっても若手採用に強い会社とベテラン採用に強い会社があります。
下記サイトなら自分の適正や年齢にあった求人サイトを案内してくれますのでおすすめです。

自己PRの文章はどう書けばいいの?

20代と30代では企業の求めるものが違ってくる

20代の場合は学生時代の経験やアルバイトでの経験、自分の長所、短所といった新卒採用と同じような自己PRになります。 一方、中途採用の場合面接官は新卒とは違う見方をします。 転職理由は何なのか、なぜこの会社を選んだのか自己PRがつながっていることが説得力のある自己PRになるでしょう。 自己PRを30代で作成する時は自分がそれまでにしてきた経験と志望する会社でその経験をどう活かせるかが重要です、過去に自分のしてきた仕事を書くだけでは不十分です。どのようなことを成し遂げて、どのような実績を残したかを、筋道立ててまとめます。企業から見て即戦力になれる人材かどうかを判断する基準が、30代以降の転職自己PRの肝となります。

転職活動を失敗しないために

まとめ

自己PRを作る時に大切なことは、分かりやすく簡潔にまとめた自己PRの文章をつくることです。 40代の場合には一人の人間として人格など仕上がっている状態なので教えたり新たなチャレンジをしたりするのが難しいと思われがちです。自己PRを作成する時には過去の実績や経験だけでなく、新しい周囲の状況に飛び込む積極性も意識すると良いでしょう。 30代や40代でも転職は可能ですが20代と比べ企業が求めるものが違ってきます。 何歳の時点での転職活動なのか、自分の経験はどう活かせるのかを考慮して自己PR文をつくることが、自分を売りこむためのキーポイントになります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。