赤ちゃんとピクニックに必須のおすすめグッズ10選!

赤ちゃんとピクニックに必須のおすすめのグッズ

赤ちゃんとのピクニックにはあれも必要、これも必要と自然と持ち物が多くなってしまうものですが、必須のものを10点絞ってお出かけしてみると良いでしょう。

レジャーシート

その1、コンパクトに収納することができるレジャーシート。


レジャーシートはビニール製のもので、濡れてもすぐにふけるものだと好ましいです。おむつ替えが必要な赤ちゃんはおむつを替えたい時にすぐに交換台が使えない時もあります。そうした時、車の荷台にレジャーシートを広げておむつを交換することができれば便利です。

おしりふき

その2、おしりふきで、赤ちゃんのおむつ替えの時に使うおしりふきはウェットティッシュとして使うこともできるので、赤ちゃんが何か食べた時に口元を拭いてあげたり、汚れたものを取り除くのにも最適です。


わざわざウェットティッシュを持ち歩くこともなく代用することもできるので便利です。

保温水筒

その3、お湯で、温かいお茶などよりも何も混ざっていないお湯のほうが水分補給には最適ですしもし万が一ミルクが必要になった時にも便利です。


母乳の人であってもその時の出具合によって粉ミルクが必要なこともあるので、水筒に入れて持って行ったほうが良いでしょう。

粉ミルクスティック

その4、粉ミルクや粉末ジュースのスティックで、赤ちゃんはこまめな水分補給が必要ですから、1回の量がスティックになっている箱入りの便利なスティック粉ミルクや粉末ジュースを持っていくと良いです。


ストロー飲みができる赤ちゃんであれば哺乳瓶でなくストローをさしたタンブラーでも構いませんが、普段哺乳瓶を使って水分補給をしている赤ちゃんであれば、哺乳瓶も必要です。

ジップロック

その5、ジップロックで、赤ちゃんはとにかく汚したり、こぼしたりといったことが多く、特に外出時間の長いピクニックであればよだれ掛けやガーゼも良く取り替えます。


ですから汚れたものやごみを分けて入れることができるジップロックを数枚持っていくと良いです。汚れたものや濡れたものがカバンの中で散らかることもなく密封できるので便利です。

赤ちゃん用のお菓子

その6、赤ちゃん用のお菓子で、普段家にいる時よりも、外にいるピクニックはお腹が空きます。


外の風に当たるだけでも、体の小さい赤ちゃんはかなり疲れるので、手軽に食べられる赤ちゃんお菓子を用意していくと良いです。

バスタオル

その7、バスタオルで、天気の良い日であっても外の風は急に冷たくなることもあるので、コンパクトに収納して持ち運びすることができるバスタオルを1枚持っていくと良いです。


バスタオルであればベビーカーの上からも布団のように使えますし、急に小雨が降ってきた時に軽く雨をしのぐこともできるので便利です。

虫さされ時の塗り薬

その8、虫さされ時の塗り薬で、赤ちゃんは汗を良くかくので、大人よりも虫に刺されやすくなります。


そして赤ちゃんの腫れは大人よりも大きくなるので、子供用の虫刺され塗り薬を持っていくと良いです。

帽子

その9、帽子で、天気の良いピクニック時の紫外線も赤ちゃんには有害なので、ムレないガーゼの帽子を持っていきましょう。

母子手帳

その10母子手帳で、ピクニック時の万が一のけがのために母子手帳と保険証は持っていきましょう。緊急時に運ばれた病院での対応にも役立ちます。

ポップアップテント



日差しから赤ちゃんを守るには、ポップアップテントがおすすめです。収納袋から取り出すだけでポンッとほぼ自動でテントが立ち上がるため、赤ちゃん連れでも簡単に設営することができます。撤収するときも収納袋にすっぽり収まるためコンパクトな上、軽量なので持ち運びも苦になりません。価格も1万円前後がメインと手頃なのが特徴です。

保冷バッグ



赤ちゃんと一緒にピクニックに行くなら離乳食は欠かせませんが、気温が高くなると傷んでしまわないか心配になります。保冷バッグの保冷力は平均6時間程度とピクニックには最適で、中身が無くなったら折りたたんでしまえば荷物になりません。ショルダーベルトが付いているバッグだと両手が空くのでおすすめです。

おむつポーチ



赤ちゃん連れのピクニックで困るのがおむつの処理です。捨てる場所がないので持ち帰りするしかありませんが、バッグなどに入れるとどうしても臭いが気になってしまいます。おむつポーチは内側が特殊加工になっているので臭いが付かず、洗濯することで繰り返し使用することができます。使用済みおむつが4枚程度入るので、ちょっとしたお出かけにも便利です。

おやつ専用ケース



赤ちゃん用の細長いお菓子は出かけるときの必須アイテムですが、バッグに入れておくと折れて粉々になってしまうことがあります。おやつ専用ケースはサイズの異なる収納がコンパクトにまとまっているので、壊れることなくスムーズに取り出すことができます。ポケットに入るサイズなので、すぐに取り出せるのがうれしいですね。

路線図レジャーシート



ピクニックで忘れてはならないものがレジャーシートですが、青いビニール製のシートは地面のデコボコが直接当たるので、赤ちゃん連れには不向きです。アウトドア専用のレジャーシートなら厚みがあるので赤ちゃんが寝そべっても安全で、防水加工も施されているので地面が濡れていても安心して使えるのでおすすめです。