10万円以内で買える超ハイスペックパソコンおすすめ10選!

10万円以内で買える超ハイスペックPC

AcerのNitro

その1AcerのNitroはゲーム向けのノートPC製品で、Corei5-8300Hに8GBメモリとHDD1TBの構成です。
内蔵の記憶装置にOptane16GBを搭載しているのが特徴で、10万円以内とは思えない性能と快適性を実現しています。

mouseのRyzen5-1500X搭載PC

その2mouseのRyzen5-1500X搭載PCは、GTX1050や8GBのメモリにSSD240GBと魅力的で、しかもWinです。
キーボードとマウス込みでお釣りが出ますから、10万円以内でかなり使える製品だといえるでしょう。

ASUS GTX1050

その3ASUSのROGStrixゲーミング用PCは、Corei5-9400とGTX1050、8GBメモリにHDD1TBと構成が良好です。
洗練されたケースと効率的な冷却の機能性が魅力で、所有する喜びや安定した性能の安心感が得られます。

Corei5-9400F

その4PC-TECHの第9世代Corei5-9400Fは、GPUがGTX1660でゲーム特化型の高性能パーツです。
8GBのメモリに加えて、内部記憶装置はSSD240GBにHDD1TBと妥協がなく、絶妙な構成が見事に10万円以内に収まっています。

GTX1660

その5PC-TECHの同価格帯の別バリエーションは、Corei5-9400FやGTX1660などの共通点があります。
しかし、記憶装置はSSD240GBとHDD1TBの代わりに、SSD480GBとDVDスーパーマルチドライブ搭載なので快適です。

iiyamaのLEVEL

その6iiyamaのLEVELは、Ryzen5の2600や8GBメモリ、SSD240GBといった記憶装置が基本的な性能です。
特筆すべきはGPUで、GTX1660の上位版SUPER搭載ですから、映像面の性能に妥協はないことが窺えます。

HPのPavilionGaming

その7HPのPavilionGamingは、Corei5-9400と8GBメモリにSSD256GB、HDD1TBという鉄板の組み合わせです。
GPUはGTX1650なので、画質設定を上げても十分ゲーム用途に使えますし、オフィスなどの実用的な用途でも活躍します。

AstromedaのBlackBoxゲーム向けPC

その8AstromedaのBlackBoxゲーム向けPCは、Ryzen5-2600やGTX1050TiとSSD240GB、HDD2TBが基本性能です。
ゲーム用のCPUと大容量HDDが目を引きますが、16GBのメモリ搭載で総合的に性能が押し上げられています。

HPのPavilionDesktop590

その9HPのPavilionDesktop590は、価格帯が10万円以内ながらもCPUにCorei7-9700を採用した、小さくて高性能なミニタワーです。
メモリは16GBで内蔵の記憶装置はHDD2TB、グラフィック機能はCPU内蔵ながらも4K対応です。

mouseのLMシリーズ

その10mouseのLMシリーズは、幅10cmの細いケースを採用した、小型で場所を取らない製品です。
Corei5-9400に16GBメモリやSSD256GBと、オフィス用途における高性能で、あると便利なDVDスーパーマルチドライブも備わります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。